人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

ミネルバボックス

ミネルバボックスは、古くから伝わる革なめし技術「バケッタ製法」でなめされた革です。
この技法は、植物タンニンなめしで、
牛脚油をゆっくりと時間をかけて、たっぷりと浸透させます。
手染めで染色された後、さらに何時間もドラムにかける事で、
油分が革全体に均一に広がります。
その結果、表面に独特の表情があらわれるのです。

ミネルバボックス_d0205122_22244837.jpg


イタリアのタンナー「バタラシーカルロ社」にて、この技法は再現復活され、
そして、忠実に守られています。

この大変な手間をかけて、なめされた革の、
革色オルテシア(青)を使ってトートバックを製作。
 
ミネルバボックス_d0205122_22253181.jpg


中央にファスナータイプの仕切りを配置し、ビジネスシーンでも十分に
活躍できるデザインです。

ミネルバボックス_d0205122_2226176.jpg


負荷のかかる持ち手、及び根革部は手縫いで縫製しました。

この鞄の中は、仕切りによって仕分けて整理できるので、
整理箪笥という意味の『コモ』と命名してみました。

ミネルバボックス_d0205122_22263260.jpg


また、この革の特徴として、
驚異的な経年変化=エイジングが楽しむことができます。

半年程使用した、同色の革で比較してみると…
一目瞭然。

ミネルバボックス_d0205122_2227161.jpg


革の魅力は、様々ありますが、
経年変化=エイジングも、その一つです。
使っている自分の色に染まり、愛着が増していきますね。
by keel503 | 2010-12-03 22:31 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31