人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

レザーリュック製作レポート 2

本日の作業は、リュックのかぶせ蓋作りです。

今回のリュックも、全体の色味の統一感を出す為に、へり返し仕立てで縫製。
内側外側の吊りを取りながら、2枚の革を合わせて仕立てていきます。
吊りを取る部分は、鞄によって場所が違ってきますので、
帆布で製作した、試作のかぶせ蓋から、最大の頂点になる部分を見つけ出して、
吊りとなる部分を割り出します。
吊りを取る長さは、革の厚み、革のコシ具合で全く違います。
ほんの数ミリの事なのですが、計算上で割り出せる事では無く、
試作品があるととても役に立ちます。
吊りは、左右均等にひずみが生じないように、手のソフトタッチで調整していきます。
ひずみが生じると不自然で、いびつなカーブになってしまうからです。
何気ないパーツだけれど、それなりに技術が詰まっている箇所なのです。

レザーリュック製作レポート 2_d0205122_0304985.jpg


リュックを開け閉めをする度に、かぶせの蓋は手が触れる部分であり、
特に蓋の端の方は酷使されるわけですから、最も経年変化が起きる箇所といえます。
けれど、リュックだから、柔らかみのあるイメージにしたいので、
かぶせの蓋の口元だけに、芯材を仕込む「口元芯」で仕立ててみました。

次は、ショルダー部分の製作です。
by keel503 | 2011-01-23 00:33 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31