人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

レザーリュック製作レポート 3

予定通り、ショルダー部分の製作を終えて、
先日製作した、かぶせ蓋と、丸持ち手を一緒に組み合わせて、
リュック本体の背体に、根革をあてて、縫合します。

レザーリュック製作レポート 3_d0205122_23272021.jpg


リュックの背体に、かぶせ蓋が付いた結果、その分が重たくなるので、
強度を保ちたい部分が背体です。
しかも、開け閉めする際に力(ちから)が加わるので、経年変化が起きる場所です。
その為に、背体にだけ芯材を仕込みました。
背体に芯材を仕込む事で、型崩れを防ぐ事も出来ます。
リュックの上口部分は、革の柔軟性を利用した、口を絞って閉める巾着タイプです。
けれど、背体の面は常に背中にあたっている為、変形や型崩れは防ぎたいので、
背体に、芯材を仕込む事は、とても効果的なのです。

ヨウヤク、カタチガミエテキタ。
ダイブ、リュックラシクナッテキタ。

次は、本体脇部分のファスナーの仕込み。
それが終わると、まとめ作業。
平面が立体になる瞬間。
一番の醍醐味。
鞄を作っていて、ワクワクする瞬間です。
by keel503 | 2011-01-25 23:30 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31