人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

京都 その②

今回お世話になる、『山ばな平八茶屋』の創業時期は1578年。
老舗中の老舗の料理屋さんです。

京都 その②_d0205122_12415912.jpg


この騎牛門は、山口県萩の禅寺の門を移築したものだそうです。
築400年位たつその門の鬼瓦は 1枚瓦となっていて、非常に珍しいということですが…
残念。鬼瓦までは、確認することができませんでした。
この門は異空間への入り口かの様に、私達を迎えてくれます。
広い敷地の庭と共に、失っていく、忘れられていく日本の文化がしっかり守られています。

この店は、料理屋さんなのですが、気になるスポットが沢山ありました。
まずは…この刀傷です。

京都 その②_d0205122_12425748.jpg


勤王志士の会合場として睨まれ、新撰組に嫌がらせを受けた刀傷だそうです。
傷は店の母屋の入り口にあるのですが、母屋も築100年以上経つ建物です。
我が家と同じように、窓の木枠はくるっていて、閉めてもしっかり大きな隙間があり、
失礼ながら、なんだか親近感を感じ、また、我が家への愛着心も増しました。

京都 その②_d0205122_12433297.jpg


さてさて、次の気になるスポットは『かま風呂』です。
この『かま風呂』のいわれは…
壬申の乱(じんしんのらん) の際、大海人皇子(おおあまのおうじ : 後の天武天皇)が
矢傷を負い八瀬(やせ) の里に逃げ隠れられたとき、村人たちが土のむろを造り、
それを温め治療したことからと伝えられています。

京都 その②_d0205122_12472289.jpg


かま風呂内の温度は摂氏47℃。湿気のある和風サウナですが、
ミストサウナみたいに息苦しいことは無いです。
中にはむしろが敷かれており、陶器の枕を持って入り静かに横になっていると、
ゆっくりと体が温まり15分位すると、汗がでてきます。
効能は、神経痛、リューマチ、痔疾、胃腸病、喘息などに効果があるそうです。

懐石料理屋さんで泊まらせてもらっているといことで、
いよいよ、夕食。メインとなる訳です。

京都 その②_d0205122_12485933.jpg京都 その②_d0205122_12494656.jpg
京都 その②_d0205122_12554036.jpg
京都 その②_d0205122_12541920.jpg







料理は12品目と聞いていましたが…
それ以上に料理があったのではないかと思うくらい。



旬を先取りしたような筍から、この店の看板『麦飯とろろ』。
お腹いっぱい、いただきました。

京都 その②_d0205122_1323643.jpg


翌日も、あいにくの雨模様。
雨露に濡れた庭も、しっとりしていて、それはそれで雰囲気は良いですね。

京都 その②_d0205122_1331583.jpg


京都は、一度行ったきりでは廻りきれない程に、名所が沢山あります。
プライベートで京都を訪れるのは、3回目になるでしょうか…。
行く度に、次もまた行きたいなぁ~と思わせてくれます。
けれど、安曇野に帰り、悠然と広がる北アルプスの風景も、やっぱり好きです。
by keel503 | 2011-03-30 13:05 | 息抜きの日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31