人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

万華鏡の世界

北安曇郡池田町、池田町立美術館にて『とってもアートな万華鏡展』の、
『万華鏡で撮る!!』という企画展のワークショップに、先日参加してきました。

まずは、講師の先生の作品写真を見学。
万華鏡を通して写真を撮るということで、どのような表現が出来るかと認識して、
自分のイメージを膨らませてから、まずは万華鏡作りからスタート。

万華鏡作りの材料は、出来る限り廃材をリサイクルすることを基本として…
身の回りにある筒状のものと、カッターで加工の出来るミラー。
この2つを使って作業がスタートしました。
作業の所要時間はおよそ20分程度。

万華鏡の世界_d0205122_19573735.jpg


茶筒だったり、マーブルチョコのケースだったり、トイレットペーパーの芯だったり、
とにかく色々な筒状のものの中から、自分のカメラレンズの径に合うものを選びます。
気付かなかったけれど、身の回りには筒状のものが沢山あった。
そういうのって意識したことが無かったから、
意識すると色々あるんだなぁと、地味に衝撃的でした。

万華鏡の世界_d0205122_1958165.jpg


筒の円に対して隙間が空かない正三角のサイズを割り出し、
その正三角形をミラーで作り、これが万華鏡になります。
ミラーはカッターで切り、やっぱり身の回りのものを使って、
つなぎはセロテープ。
専門的な材料を一切使っていないので、作る万華鏡がより身近に感じます。

いよいよミラーの万華鏡を、筒の中にセットします。
ミラーの万華鏡が筒からはみ出て長い部分を、厚紙で周りを覆います。
ミラーの万華鏡はより長い方が、
レンズからより距離のある方が、
反射が美しく綺麗な三角形で写真を撮れるらしいです。

万華鏡の世界_d0205122_19585937.jpg


ミラーの万華鏡がセットされた筒を、レンズにセットして、
カメラのファインダーを覗くと…その景色は初体験!!
万華鏡の反射が映し出された世界は、いろいろなものが反転された、
幾何学模様の不思議な世界。
カメラだと色々な所に持ち歩けて、幾何学模様の世界が記録に残せるし、
表現できる。それが私には衝撃的でした。

早速、外に出て撮影会を開始。
美術館に咲いていた桜。

万華鏡の世界_d0205122_19594818.jpg


オプションのビー玉を被せると、またまた違った世界。
ビー玉と、空のやさしい青色。

万華鏡の世界_d0205122_2003253.jpg


スイセン。

万華鏡の世界_d0205122_20112.jpg


忠実な表現を目指す撮影技術、この基本スタイルは変えずに、
息抜きしながら視点を変えて、カメラで遊んでみるのも、
リフレッシュされて、童心にかえります。
by keel503 | 2011-05-06 20:04 | 息抜きの日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31