人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

クラフトピクニック

毎年、秋に行われている『クラフトピクニック』へ、16日の日曜日に行ってきました。
会場となる「あがたの森公園」で、実際に製作している様子を見たり、
ワークショップに参加して、自分も体験できる♪ そんなイベントです。

クラフトピクニック_d0205122_12294465.jpg


もちろん、製作された作品も販売されていますが、
5月の『クラフトフェアまつもと』よりも、ゆったりした会場の雰囲気で、
木陰で休んだり、また歩いたり…。
風が吹いたり、空を眺めたり… そんな中、夢中で作る人達がいたり…。
まさにピクニック気分で、お茶とおやつを持って出掛けるには、ぴったりです。
小腹をちょっと満たすような、食べ物の出店があまり無かったので、
来年、行くとしたら…アレとコレを持って行こうかなぁ~と、
ムフフ… と計画中。
その理由は… 私もワークショップに参加してみて、嬉しかったから!!!

普段、このようなイベントに行っても、あまり積極的でない?!私が、
思わず、やらずにはいられない!!と思ったのが、
鉄工房 村の鍛冶屋』さんの、“アイアン表札作り”のワークショップ。
厚さ5ミリ程度もある鉄の板を、文字だけ残してくり抜き削って、
表札を作るというワークショップです。
しかも、参加費は数千円で出来るというのが、一番の魅力でした。
(同じ作り手として、申し訳無いですが…。)
クラフトピクニック_d0205122_12302710.jpg

まずは、デザインを考え紙に書き、それを元に鉄の板に書いていきます。
自分が行うのは、そこまでで…

あとは、村の鍛冶屋さんに、仕上げまで行って頂くことに…。
専門的な重機を使う作業ですから、興味深く見学という訳です。

クラフトピクニック_d0205122_12314527.jpg

糸のこのような機械で、要所要所に穴をあけ…

クラフトピクニック_d0205122_12351550.jpg

バーナーで、輪郭をなぞるように削り、

クラフトピクニック_d0205122_12362243.jpg

グラインダーで、突起部分を削り、

クラフトピクニック_d0205122_1236577.jpg
冷やし…、錆止め加工をして、冷えれば出来上がりです。

途中の工程は、かなり省略された説明になりましたが…(笑)
今回のワークショップの魅力は、素材の重厚感。
薄いペラペラの板では無く、ずっしりと重く適度な厚みのある鉄の板。
その加工を間近で見られる迫力!!!
鉄の表札は外に配置する目的のものですから、
ちゃんと錆止め加工までして下さる、プロ意識も感じさせられました。




クラフトピクニック_d0205122_12381013.jpg


限られた時間の中で、満足度の高いもの作り上げられた事は、
私も参考したいと感じました。
素材選びと、作りあげるモノ。
自分だったら、どんなワークショップにするかな~と、考え中です。
by keel503 | 2011-10-18 12:42 | 息抜きの日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31