鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

ブッテーロの名刺入れ

急遽、近しい方からの依頼があり、大急ぎで名刺入れを製作しました。
依頼主のイメージカラーの“オレンジ”を取り入れた、ブッテーロをベースに、
ラッキカラーの“グリーン”をステッチで表現しました。

d0205122_16552539.jpg


見た目は一般的な二層式の名刺入れですが、
(いただいた名刺は商談中など、表面のポケットに挟み込む事ができます。)
今回、この名刺入れの製作は、私の中でかなりの進歩があるものとなりました。

d0205122_1658410.jpg


革小物の製作にあたって一番気をつけている事は、薄く・スマートに仕上げる事。
しかし、今迄の私は“薄く仕上げる為に”フルレザー仕立てが出来ずにいました。
内部の見えない部分にも2枚の革を貼り合わせて仕立てるフルレザー仕立ては、
私の設備環境では限界がありました。

フルレザーで仕立てるには、革を薄く割る(漉く)加工が必要となります。
しかし、自分の工房の設備は「コバ漉き機」のみ。
広い面積を何回かに分けて行えば、可能にはなりますが、
漉きムラが発生したり、漉き損をしたり、安定しない為、
見えない部分等には、合成皮革などを使って対応していました。

合成皮革を使用した場合のコバ処理は、コバを美しくまとめる為に
コバ回りから数ミリ合成皮革を控えて、
コバの部分だけは、革の層だけにする等の工夫は行ってきましたが、
やはり、フルレザー仕立てに憧れていた。

d0205122_170547.jpg


フルレザー仕立てを目標とすると、私個人の力量ではどうにもならない為、
専門業者にお願いするしかない。
以前にも触れたように、東京には革の漉きだけを専門に生業としている人がいます。
お願いしたいけれど…
一品仕立てで、生産性が極度に少ない私の依頼を、
受け入れてくれる所があるのだろうかと、いろいろ探した結果、
一件の革漉き屋さんが見つかりました。
東京にある、浅原皮漉所
ダメもとで問い合わせてみた所、快く引き受けてくださったんです!!!
少枚数で、漉き厚の指定も様々で、非効率な私の依頼を受けて下さり、
本当にありがたい。
さらに、コバ革漉き機の調整等、本業以外の問い合わせにも、
大変、親切にして下さって、ありがたいです。

d0205122_1704146.jpg


そんな浅原皮漉所さんの力を借りて、初の“フルレザー仕立て”の名刺入れが完成した。
今までは自分個人、ひとりの力でやろうとしてきたけれど、
一つの目標であったことが、まわりの人たちのおかげで、
まわりの方の力を頂いて、一つの作品が完成していく。
材料の仕入れ元もそうだけれども、これからも大事にお付き合いしていきたい。

今まできなかった事ができるようになり…
完成をイメージした作品の、仕上げたい革全体の厚さから、
革が重なる為の必要な厚さを割り出して、その厚さに革を割る(漉く)事が出来る。
精度が上がり、作品自体の安定性が上がる。
浅原さんは、0.1ミリ単位で希望の厚さに割って(漉いて)くれる。
仕上がりももちろん綺麗。
流石、プレフェショナルな仕事。
そのプレフェッショナルな仕事のおかげで、フルレザーが可能になり、
私のフルレザー仕立てがやっと、スタート地点に立った。
[PR]
by keel503 | 2012-03-24 17:07 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30