人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

ピンクパイソンのキーケース

以前、サンプルでお作りしていたキーケースが、ようやくできあがりました。
ご依頼主の方は、イエローのパイソンを使った折り財布を作成させていただいた方で、
カラフルなパイソンの革に魅力を感じて下さっています。
特に、色づかいへのこだわりがとても強い方で、
今回はピンクのパイソンを使い、
ステッチはターコイズのキーケースを製作させて頂きました。

ピンクパイソンのキーケース_d0205122_14474563.jpg


最近の自動車のキーは随分と様変わりしていて、
インテリジェントキーと呼ばれるものや、エンジンスターターというものがあるようで、
既存のキーケースでは、あまり収まりがよくないようです。
そこで、それらのキーが全て収納出来る、
それぞれのキーのジャストサイズの小部屋があるキーケースを、
ご依頼主様のアイディアを活かしながら、アイディアをいただきながら、
実用性と使い勝手を意識した、仕立てに仕上げました。

ピンクパイソンのキーケース_d0205122_1448023.jpg


こちら側には、リモコンエンジンスターターと自宅の鍵などを収納します。
リモコンエンジンスターターのサイズに絞り加工を施した専用ケースを配置し、
(ちゃんとアンテナも伸ばせるようになっています)
その内側の下には、免許証を入れるポケットがありますので、
常に車のキーと、免許証を一緒に携帯する事ができます。
その隣には二重リングを配置し、自宅や自転車の鍵などをつけられるようにして、
日々の生活の中で必要な鍵をまとめて携帯できるような設計なっています。

ピンクパイソンのキーケース_d0205122_14484841.jpg


反対側には、インテリジェントキーを配置する専用ケースです。
ご依頼主様用と、奥さま用の車のインテリジェントキーが二つ
(同じメーカーの為、同サイズ)が、収納できるようになっています。
“開ける”“閉める”のボタンを押せるように、丸窓を開けてあります。
ここのフラップは二段階に開けられるように、ホックが二つ配置してあり、
“開ける”“閉める”のボタンを押す為に開けられるように、
インテリジェントキーを取り出す為に開けられるように、二段階の開閉になっています。
この二段階で開閉するフラップですが、
開閉具合や、革の厚さコシ具合になかなか納得いかず、何度かやり直しをし、
苦労した部分でもありました。

ピンクパイソンのキーケース_d0205122_1449313.jpg


今回の仕立ては、私の苦手な小物。
革小物の仕立ては細かくて、とても大変。
本来ならばミシン仕立てで、全ての縫製を行いたかったのですが、
安定してミシンをかけられない部分がありましたので、
今回のキーケースは、手縫いとミシンの併用仕立てとなりました。
出来るだけ、ミシン仕立てで仕立てられるパターンを探っていきたいと思いました。
小物はまだまだ勉強が必要です。

最後になりましたが、
今年いっぱいで、勤めていた工房を退社いたしました。
素人同然の私を今まで育てて頂いた事に感謝しています。
六年間お世話になって、様々な技術的な事はもちろん、
お客様に対する姿勢等、様々なことを教えて下さり感謝しています。
六年間で培った事、教わった事を武器に、
自分の魅力が詰まった鞄を生み出してけるよう、頑張っていきたいです。

来年は、自分の工房兼店舗の開設に向け、頑張っていきます。
ブログで順次ご報告していきたいと思っています。

皆さまよいお年を。
来年もどうぞ、よろしくお願いたします。
by keel503 | 2012-12-31 14:57 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31