人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鞄のアトリエ ESPEDIENTE  ~エスペディエンテ~

espediente.exblog.jp ブログトップ

巣山定一作、『栃泡杢スプーン』

昨年、ブログにてご紹介した“巣山定一さん”の、
新しい作品が我が家にやってきました。(過去の記事はコチラ → )

嫁さんは、定一さんのHP見ていて、
スプーンが気になっていたそうなのですが…
同じく、HPにて「完売しました」とあったので、
またの機会にしよう~ と思っていたのが、
この『栃泡杢スプーン』。

巣山定一作、『栃泡杢スプーン』_d0205122_15188.jpg


スプーンの値段とすると、決して安い品物ではありません。
ですから、どうしよぉかなぁ~ と、
まごまごしていたら「完売」。
やっぱり、定一さんのこだわり作品ですから、
少々お値段がしても欲しい方はいるのでしょう。

さて、そんな定一さんが、
先日の“クラフトフェアまつもと”の私達のブースに、
わざわざ来てくれたんです。
私が製作したバックを、定一さんは使用していてくれて、
いつもの笑顔で“自分のバック”を褒めてくれて… 
喜んでいただけて、本当に嬉しい!!!

すると突然!!!
「こんなの持って来てみたけど…」 と、そのバックから出て来たのは、
あの欲しかった『栃泡杢スプーン』。
その場で、即購入。
想像していた様に、よく磨かれていて艶艶した表情。
その奥から「泡杢」が浮かび上がり、品があります。
想像しなかったのは、その軽さ。
わずか7グラムしかありません。不思議な素材感です。
軽いし、よく磨かれているから、手に馴染む。
軽いけれど、手黒目精製漆100%を使った“栃泡杢”ですから、上品。

巣山定一作、『栃泡杢スプーン』_d0205122_16358.jpg


けれど、一番想像を裏切ったのは、その感触。
このスプーンは、丼ぶり・カレーライス・玉子ごはん等…
“ご飯もの”を食べるのがオススメ★ だという事で、
早速、このスプーンを使ってカレーライスに挑戦。

口に入れた途端… 今まで感じた事の無い感触を、私達は感じました。
ご飯が「ツルッ」と抵抗無く、口の中に入ってくるのです!!!
ご飯が、ご飯じゃないみたい!!!(笑)
引っかかるものは無く、スプーンの先のくぼみが少ないから、面白い口触り。
もう、手放せませんね。

そんな、感動の『栃泡杢スプーン』に会える“木曽漆器祭り”昨日より開催。
6月1日から、6月2日(土)・6月3日(日)の三日間、
木曽漆器祭りが行われている、塩尻市の木曽平沢へ足を運んでみてわっ♪
定一さんをはじめとする、多数の漆器屋さんが軒を連ねて、
皆さんのお越しを楽しみにしています。
# by keel503 | 2012-06-02 01:08 | 息抜きの日々

クラフトフェアまつもと2012 出展レポート

二日間の日程の『クラフトフェアまつもと』、無事に終了しました。
私の初出展の報告をさせて頂きます。
気がつけば… 他の出展者さんのブースをまわる余裕が無く、
写真も撮る余裕も無く、撮れたのは初日の朝のみとなりました…。
(なので、写真少なめです。)

5月26日朝。AM5:15分自宅を出発。 天気晴れ。
前日までに愛車の「軽バン」へ荷積みを終えて、
会場へ向けて出発。
(何とかギリギリ、荷物を積む事ができました…「軽バン」とは便利な車です。)

“朝6時からの搬入厳守”…とあったので、6時ピッタリにあがたの森へ着くと、
あれっ??? すでに…テントがテン在!!!
出展者らしき方がわんさか。
慌てて、自分達の出展場所を探そうと、会場内を大急ぎでチェック。
出展場所は、「自由」とういうことで焦り始めました!!
自分らのイメージの中で、出展を予定していた中央広場付近の芝生は、
すでに場所取りのロープがしっかり張られ、何処も場所が無ぁぁぁい~。
あちこちとうろうろして、場所を厳選していっている間にも埋まっていく一方なので、
中央広場付近の土手に場所を決定。

“土手”って位なので、後はすぐに登り坂。
奥行きは無いし、奥行きを求めると水平が保てない。
この際いろいろ言っていられませんから、横に長く陣取ってしまえ!と、
横に長くした、ディスプレイに変更。
大急ぎで車から荷物を降ろして、設営開始。
当初のシュミレーションとは大きく配置は異なりましたが、何とか設営完了。

クラフトフェアまつもと2012 出展レポート_d0205122_2394699.jpg


フェアのオープンは11時の予定でしたが、
これまた9時位になると、もぅお客さんが。
初日から、知人の方々を中心にお越し下さいました。
徐々にお客さんが増え始め… それからは夢中で接客をしました。
お客様とお話しをしていると、驚いたことに!!
私のブログを見ていて下さり、わざわざ遠方から、
鞄達を目当てに、お客様がお越し下さっていた事です。
感激いたしました。
と、同時に実物を目の前に、
ブログで見ていたイメージと比較して、
率直な感想がとても興味深かったです。
「もっと大きいかと思った~」
「実物の方が発色綺麗~」
「ブログを見て、ここを目掛けてきました!!」

満足な対応が出来たか、とても不安ではありますが、
本当に有り難いことでした。
初日は小物を中心に、多くの作品がお客様の元へと旅立ちました。
その中でも、今回の出展用に製作した、
一眼レフ用のカメラストラップの反応が良かったです。
カラフルなものからお客様は選んでいかれました。

また、“文明の力”フェイスブックで繋がりのある方が、
何人もお越し下さり、親しみ感のある「初めまして」の出会いがありました。
色々アドバイスをいただき、とても有意義な一日になりました。

天気もとても良く、太陽の日差しはギラギラ。
色白の私(笑)  日焼けで真っ赤なりました。
嫁さんの“シートパック”とやらを、初めて使いました。
腕や首は今日になっても、まだまだヒリヒリしています。


5月27日。天気晴れ。
この日は朝9時オープンの為、前日とは違って少しゆっくりな出発…。
…と思いきや!!
知人の作家さんより電話があり、
「今、会場にいるんだけど、あなた達何処にいるの~?」
私:「ま、まだい家にいますが…」
作家さん:「何してんのっ!!!!!!!!!!」
「もう、みんな会場にいるのよ!!! 早く来なさい!!!」
私:「はっ、はいっ!」

バタバタと、大急ぎで会場へ向かいました。
8時過ぎ、会場へ到着。
大急ぎで設営開始。
二日目も順調に?! スタート!!!
本日も日差し絶好調。私の日焼けは、ますます赤くなっていきます(笑)

クラフトフェアまつもと2012 出展レポート_d0205122_2402825.jpg


朝から多くのお客様が来場され、二日目も知人の方々が顔を出して下さったり、
多くの方が私のブースの前で足を留めて、作品をみて下さいました。
二日目は鞄が中心に旅立っていきました。

(今回のイベントから私も対応できる体制が整った…)
同じデザインで、色違いの鞄を製作する、
パターンオーダーの受注もいただくことも出来ました

この二日目も、フェイスブックで交流のあった方と初めてお会いできて、
いろいろお話しさせて頂きました。
出会いは嬉しいものです。


クラフトフェアまつもとは、大規模なイベントだけあって、
来場者が7万人を超えたそうです。
そんな大きなクラフトフェアに出展出来たことは、嬉しく思います。
遠方より足を運んで下さったお客様、
フェアを支えて下った実行委員の方々、関係者の皆様、
本当にありがとうございました。


人とヒトの繋がりが、私を支えてくれて、感謝感謝。
今後どのような形で恩返しできるかは、分かりませんが、
自分の目標に向かって、気持ちが引き締まる感じがします。

みんなの応援をいただきながら…
ひとつひとつのオーダーに、全力で取り組みたいと思います。
# by keel503 | 2012-05-29 02:52 | 鞄職人の日々

クラフトフェア!!! 準備色々と告知~

いよいよ今週末に開催される、
『クラフトフェアまつもと』の詳細をご案内申し上げます。

会期 →→ 2012年5月26日(土) 11時~17時
              5月27日(日) 9時~17時
会場 →→ あがたの森公園  長野県松本市県3-1-1

出展場所 →→ ”公園内の自由な場所に出展して下さい”とういうことなので、
          詳しい場所については、当日でないと分かりません。


出展に向けた作品作りは一区切りつけて、
今週は、展示・販売の為の周辺準備をしています。
今回のクラフトフェアでは、現品で展示してある同型に限り、
同じデザインで色違いを希望する方がいましたら、
パターンオーダーという形で、お受けしたいと思っています。
その為、革色見本帳を作ってみました。

クラフトフェア!!! 準備色々と告知~_d0205122_23592057.jpg


これで私も革の在庫状況が分かって一石二鳥。

クラフトフェア!!! 準備色々と告知~_d0205122_23593776.jpg


プライス用のタグも家庭用プリンタで印刷し、カットして、

あと、”流し見”の方にも、
「へぇ~」
…と、見て頂きたく、革素材の説明キャプションも製作してみました。

クラフトフェア!!! 準備色々と告知~_d0205122_001961.jpg


今回、出店する際に必要なタープテントを購入したものの、
仕事柄インドアが多い私。(笑)
キャンプとは縁遠い生活の為、予行練習!

クラフトフェア!!! 準備色々と告知~_d0205122_02281.jpg


想像していた大きさよりも、小さかったけど、
タープテントで屋根が確保できたので、何より♪

とりあえず、ひと通り何とか準備が整いそうです。
前回のもみじクラフトに比べて、かなり荷物も増えた感じがします。
我が家の愛車”軽バン”に積みきれるかどうか。不安もありますが…
松本へは車で40分。近いので何とかなりそうかしら…。


最後になりましたが、迷惑駐車が問題になっているようです。
マナーを守りましょう

会場周辺には、駐車場がありません。
松本の街中の有料駐車場をご利用いただくか、
バスDAYまつもと →→ 期間中アルピコ交通の近郊路線バスが
              全線1乗車100円、1日券300円、小学生以下無料となります!! 

みなさんと、お会いできることを楽しみに♪
少し… 不安もよぎり、なかなか寝つきの悪い、このごろの私です。
# by keel503 | 2012-05-23 23:56 | 鞄職人の日々

ミネルバボックスの三つ折り財布を改良☆★新定番に

自分用としてテスト使用していた、サンプルの三つ折り財布を、
使用上の僅かな不具合を修正し、(過去の記事はコチラ → )
コニャック・ナポリ・ローズアンティコのミネルバボックス3色を使って製作しました。

ミネルバボックスの三つ折り財布を改良☆★新定番に_d0205122_23513283.jpg


サンプルとして製作した三つ折り財布のポケットは、
カード入3段に小銭入れ裏の隠しポケットのみでした。
クレジットカードやポイントカード等を収納するには、
ポケットが少なく、不具合を感じていました。

しかし、全体の寸法上これ以上カード入れの段を増やすことは出来ないので、
カード入れ部分の裏側へ、多目的ポケットを配置することにしました。
日常あまり使わないカード類は、
多目的ポケットへまとめて収納する事が可能になり、使い勝手が改善されました。

ミネルバボックスの三つ折り財布を改良☆★新定番に_d0205122_23521371.jpg


開閉する際に負荷のかかるフタ裏部分(本体+小銭入れ)には、
厚みを調整した革を貼り合わせ、
それ以外の全てのパーツは、裏張り無しの作りにして、
程良いクラフト感を演出しました。
また、永く使っていただく中で、
裏面の床面が毛羽立って、革屑が発生するのを防ぐ配慮として、
床面は全て磨き処理を施してあります。

ミネルバボックスの三つ折り財布を改良☆★新定番に_d0205122_23532236.jpg


この財布を3つ折りにした理由として、札の出し入れがスムーズになること。
札入れの両端のうち、片側をフリーな状態にする事によって、
制約無く開くので中を認識しやすく、出し入れしやすい。
また、財布を閉じた時の見た目のフォルムの可愛らしさも、3つ折りならでは。



クラフトフェアまで2週間をきり、あと僅か…
迫ってきました。
これからプライス付けや、商品説明カード作りなどが残っているので、
作品作りは、とりあえずこれで一旦終了。
出勤前までの早朝時間を使って、鞄17点、小物22点出来上がりました。
今の自分に許された時間の中で精一杯製作し、
出来る限りの技術も盛り込んでみました。
紳士鞄に着手出来なかったことが心残りではあるけれど、
どの様な反応が頂けるか楽しみです。

周辺の準備が終了したら、
ご依頼頂いている製作にしばらく専念します。
永くお待たせしてしまっている、ご依頼の方々、本当にすみません。
# by keel503 | 2012-05-17 00:01 | 鞄職人の日々

カラフルに♪ カメラストラップ♪

このGW期間中は、引きこもりで…(笑)
クラフトフェアに向けた作品作りに追われています。

クラフトフェアにありそうな革製品というと、
ヌメ革等のナチュラルな色味や、茶系が多いような気がしますが、
そんな中、私はカラフルな革を使った鞄等で、挑みたいと思っています。
鞄の場合どうしても手間と時間、材料費がかさみ、高価な代物になってしまうので、
比較的手に取り易い商品も考えなくてはいけないと、思いながら、
自分の好きな鞄製作へと、いきがちになってしまう私。

革小物とすると、財布などは定番で、
他の作家さんのメインアイテムにもなっているだろうし…
色々考えた結果、自分達の趣味でもあるカメラの、関連グッズを。
一眼レフ用のネックストラップを製作してみました。

カラフルに♪ カメラストラップ♪_d0205122_1713181.jpg


首に下げた時や、肩に掛けた時に感じる、程良い柔軟性を、
今回の製作では視野に入れつつ… 
カラフルな展開を目指そうとすると、ドイツシュリンクが最適な素材ですので、
ドイツシュリンクを使ったネックストラップを悩んでいました。
仕立て方法は、コバの色味を同色にまとめられる、
へり返し仕立てを基本としてデザインし、
試作を何点か作り、今回のストラップに落ち着きました。

カラフルに♪ カメラストラップ♪_d0205122_17143958.jpg


先日製作した、ドイツシュリンクのショルダー鞄の持ち手部分を基本構造として、
自分の作品に統一性を持たせたく、それを肩パットへ応用しました。
首周りに異物感を感じないよう、首に当たる部分をわずかに変形させ、
首からでも、肩からでも、下げた際にフィットしやすいよう、
スライド式のパットにしました。
別色の革で、カメラに接続するナイロンテープを挟みこんで縫製し、
そこへ、スライド式のパットを通して完成。
今後は分かりませんが…  実用性を考えてカメラに接続する部分は、
ナイロンテープが一番良いと、今は思っています。

普段はワントーンが多い製作の中で、
今まですこしずつ買い貯めてきたドイツシュリンクを使って、
ツートンをメインに6本を同時進行で進めました。

カラフルに♪ カメラストラップ♪_d0205122_17151332.jpg

(左から、ブラック×バイオレット、バイオレット×ブラック、チャイナレッド×ゴールド、オレンジ×ホース、イエロー×ゴールド、ジーンブルー×イエロー)

6本も作って売れるのかは、分からないけれども、
多色の相乗効果を狙って、少し頑張ってみました。
全体的には、狙い通り。
今までには無い、色の組み合わせで面白くまとまったように思います。
# by keel503 | 2012-05-06 17:22 | 鞄職人の日々
line

長野県松本市にてヨーロッパの革を使った、手づくりの革鞄やバックを製作しています。2013年4月にアトリエ兼店舗をオープンいたしました。皆様のお越しをお待ちしております。


by keel503
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31